【アイデンティティV第五人格】足跡について

アイデンティティV第五人格(Identity V)ではサバイバー側に3タイプの移動方法が存在します。しゃがみ移動・歩き・走る、と3タイプの移動方法が存在しますが、それぞれメリット・デメリットが存在します。移動、足跡の特徴を理解し、暗号解読を行いましょう。

目次
足跡とは
足跡が残ってしまう移動方法「走る」
足跡が残らない移動タイプ①「歩く」
足跡が残らない移動タイプ②「しゃがむ」

足跡とは

足跡とは、サバイバーが移動したときに残る赤い印のことです。サバイバーの残した足跡は、サバイバーからは見ることができず、ハンターのみ見ることが可能です。

足跡は、基本的にサバイバーが通った後にしばらく残るため、ハンターにそれを見られてしまうと、逃げた方向を推測されてしまいます。

移動の方法によって足跡を消すこともできるので、身を隠す際は足跡を気にしながら隠れましょう。

足跡が残ってしまう移動方法「走る」

サバイバーは、走ることで素早く移動することができます。しかし、足跡が残るためハンターは足跡から逃走先を特定しやすく、視認されていなくても足跡が残っていれば近くに居ることがバレてしまいます。また、カラスの目の前を走っていると、カラスが驚いて飛び去っていきます。

ハンターには「カラスの群れ」という天賦があり、ハンターが近くに居る間にカラスを驚かせてしまうと、それが原因で位置が特定されることもあるので、足跡やカラスとハンターの関係を理解し、バレない様に立ち回りましょう。

足跡が残らない移動タイプ①「歩く」

サバイバーが歩くと足跡が残らず、カラスも驚きません。また、ハンターの使用率が高い「リッスン」でも見つからないため、「リッスン」を多用するハンターには効果的な移動方法です。

足跡が残らない移動タイプ②「しゃがむ」

しゃがみ移動は歩き同様に足跡が残らず、カラスも驚きません。また、リッスンでも感知されずに移動することができます。

歩きとの違いは、キャラクターの高さが変わるため、遮蔽物の後ろで身を隠すのに適しています。ハンターが急接近した際に正確な位置がバレていない場合は、遮蔽物の後ろでしゃがんでハンターをやり過ごしましょう。
速報・最新情報 システム情報まとめ
サバイバー攻略まとめ ハンター攻略まとめ
サバイバー一覧 ハンター一覧
©2018 NetEaseInc.All Rights Reserved
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属します。

コメント

読み込み中です

    アイデンティティV攻略情報

    キャラストーリー攻略

    システム解説

    サバイバー向け攻略

    ハンター向け攻略

    キャラクター情報

    サバイバー
    ハンター

    ゲームをもっと楽しむならBoom App Games

    Boom App Gamesでは「ゲームをもっと楽しむ」をテーマに、スマホゲームを中心に、あらゆるゲームのニュースと攻略情報を配信しています。
    新しいゲームと出会えるゲームレビュー、今プレイしているゲームがもっと楽しくなる攻略記事、新作ゲームの事前登録情報や配信スケジュールなど様々なコンテンツをお届け中。