【アイデンティティV第五人格】狂眼バルク(建築士)の立ち回りと対策

アイデンティティV第五人格(Identity V)に登場する狂眼バルク(建築士)について詳しく紹介しています。建築士のスキルや立ち回り方を知りたい方は、是非こちらの記事を参考にしてください!

掲示板で情報をシェアしよう!
アイデンティティV攻略からのお知らせ
狂眼バルク(建築家)の人格と立ち回りと対策

狂眼バルク(建築士)のスキル

狂眼バルク(建築士)の外在特質

外在特質 効果

制御台
バルクは制御台の完全な権限を持ち、フィールド上の制御台を自由に操作し、任意の監視装置を操縦することができる。サバイバーは制御台を解読でき、完了すると制御台の一部権限を持ち、より多くのエネルギーを消費してそのエリアの監視装置を操縦することができる。サバイバーが制御台を操作している間、バルクはその範囲内の監視装置を操ることはできず、解読された制御台は一定時間内にエネルギーを回復することができない。

監視装置
各制御台の管理エリアに一台の監視装置が存在し、レバーを動かすことでエリア内で監視装置を素早く動かすことができる。監視装置の視野範囲内で装置画面をスライドすると、地表に仕掛け壁が生成される。生成した仕掛け壁の数が増えるにつれ、消費するエネルギーが高くなる。

仕掛け壁
仕掛け壁が上がる瞬間、付近のサバイバーに通常攻撃の0.5倍相当のダメージを与え、仕掛け壁が存在している間にサバイバーが乗り越えると壁は沈み、サバイバーは一回の通常攻撃相当のダメージを受ける。サバイバーは仕掛け壁が消えるのを待つこともできる。未解読の暗号機、電源スイッチを入れた脱出ゲート、制御台、地下室やサバイバーを載せたロケットチェアは、付近の仕掛け壁の消失速度を上げる。

狂眼バルク(建築士)の形態変化

実態能力 効果
コントロール端末
(待ち:秒)
バルクはコントロール端末で直接監視装置を操作することができるが、より多くのエネルギーを消費する。
オーバークロック
(待ち:秒)
スキル解放後、監視装置操作画面内で使用でき、この監視装置の仕掛け壁の設置クールタイム及びエネルギー消費を大幅に低下させることができる。しかし過負荷状態で使用した後の一定時間、この監視装置はエネルギーを回復しない。

特質変更

特質 効果
リッスン
(待ち:なし)
リッスン中にサバイバーが走ったり操作をしたりすると、ハンターに察知される。
異常
(待ち:90秒)
世の中が絶えず変化するということを、人はいつか悟る。まだ解読されていない暗号機または破壊されたロケットチェアの付近で使用すると、暗号機の解読速度を60%戻すか、ロケットチェアの機能を元に戻す。暗号機の解読速度を戻すたびに、次回の進度を戻す効果がダウンし、最大で20%まで下がる。
興奮
(待ち:100秒)
反抗的な獲物にはより興奮する。現在の操作不能状態を解除し、さらに続いて5秒間操作不能を免れる。
巡視者
(待ち:90秒)
ただ静かに待てばいい、いつか面倒はやってくる。彼らは決して迷ったりしない。素早い小型の巡視者を操作し、サバイバーに接近して抱きつく。抱きつかれたサバイバーは20秒間輪郭が表示され、さらに5秒ごとに巡視者にまとわりつかれ、移動できなくなる。
瞬間移動
(待ち:100秒)
恐怖は至る所に蔓延している。長押しして目線を選択し、詠唱したあとその目線の付近に瞬間移動する。選択できる目線は以下のものを含む:まだ解読されていない暗号機、サバイバーを拘束できるロケットチェア、復讐者のパペット、開かれるゲート。
監視者
(待ち:30秒)
見つかりにくい片隅であっても、すべて覗かれている。現在の位置から80秒間持続する監視者を放出し、周囲の隠れていないサバイバーを表示する上、それらの移動速度及び板・窓に対する操作速度を少し低下させ、その他の操作速度を大幅に低下させる。監視者は破壊されることがある。
神出鬼没
(待ち:150秒)
一瞬で恐怖と混乱を作り出す。タップして解放するとカメラの方向に瞬間移動し、スライドして解放するとスライドした方向に瞬間移動する。

狂眼バルク(建築士)の立ち回り方

マップ内の制御台をコントロール!

制御盤
狂眼バルクはマップ上に点在する制御台を使い、壁を作成することができます。
制御台を操作すると、上空からマップ全体を見下ろすことができ、ほかの制御台の位置を確認することが可能。

壁を作成してサバイバー行動を制限することができるので、暗号解読中のサバイバーを妨害し、追い詰めて行きましょう。

上空からサバイバーを探す

マップを確認
制御台を使うと、上空からマップ全体を見下ろすことが可能
各所へ設置された制御台で周辺の状況を確認できるので、自身が移動しなくてもマップのほとんどの様子を見ることができます。

離れた場所などは制御台で確認すると移動のロスを減らすことができるでしょう。
▲制御台の周辺状況を確認している間はエネルギーが消費される。
また、制御台のアイコンをタップすることで、各エリアをさらに詳細に見ることが可能です。
左下のアイコンを操作すれば、現在見ている制御台周辺の様子も確認できるので、各制御台を確認しつつサバイバーを探しましょう。

壁を作成できる

指をスライド
制御台の周辺状況を確認している間は、指をスライドさせることで壁を作成することが可能。壁を作成するとエネルギーが消費されます。

長さによってエネルギー消費量が変化

壁の長さによってエネルギー消費が変化
狂眼バルクが作成できる壁は、長さによってエネルギー消費量が異なります
長いほど消費量が多くなるので、なるべくマップの障害物などを利用し、エネルギーを節約しつつ壁を作成するのがおすすめ。

サバイバーの足元に作ると25%のダメージ!

サバイバーの足元に作成
サバイバーの足元に壁を作成することで、出現する壁を踏んだサバイバーに25%のダメージを与えることができます。
暗号機解読中など、サバイバーが動かないタイミングで使用して、効率よくダメージを与えていきましょう。

乗り越え時にダメージが発生!

サバイバー乗り越え時にダメージ
サバイバーは設置された建物を乗り越えることが可能。しかしサバイバーが乗り越えると50%のダメージが発生します。

暗号機の周りや強ポジ付近に建物を設置できれば、サバイバーを追い詰めやすくなるでしょう。

存在感が溜まったら?

存在感が溜まったら
存在感が溜まって、「コントロール端末」が開放されたら、制御台に触らなくても各エリアに壁を作成することができます。
さらに、存在感が最大まで溜まり「オーバークロック」が開放されたら、仕掛け壁のクールタイムやエネルギー消費を大幅に低下させることが可能。

壁作成時のダメージでも存在感を溜めることができるので、早い段階でゲージを溜めて、能力を開放しましょう。

オーバークロックで包囲

オーバークロックで包囲する
オーバークロックで包囲する
「オーバークロック」が使用可能になると、仕掛け壁作成に必要なクールタイムが短縮されます。
治療や暗号解読でその場に止まっていたり、障害物が多い場所を移動しているサバイバーを上空から見つけたら、障害物などを利用して壁で包囲しましょう。

包囲場所が遠い場合は壁で攻撃、近い場合は直接向かって攻撃するのがおすすめです。
L字
▲L字になっている場所は壁1枚で包囲可能。

ロケットチェア付近で救助妨害

壁を乗り越えるとダメージが発生することを利用し、サバイバーを拘束したロケットチェア付近に壁を作って守りを固めましょう
壁で囲っていた場合は、乗り越えるとダメージを与えることを利用して救助を大幅に遅らせることが可能です。

壁ダメージの回避方法も存在する

狂眼が作成した壁は、祭司が持つ能力で通り抜けることができます。
また、機械技師の持つ機械人形は50%の乗り越えダメージを受けません

上記のサバイバーが相手側にいる場合は、壁の力を過信せず注意を払って行動しましょう。

狂眼バルク(建築士)のおすすめ人格(天賦)

名称 効果/解放条件 Lv P

狂犬
サバイバーの足跡が消えるのを1/1.5/2秒遅らせる。
「アナウンス」Lv.1
3 15

傲慢
ハンターはゲーム開始後しばらくの間、一定時間存在感を獲得する。存在感の獲得は一段スキルをアンロックしたあとに停止する。
「後遺症」Lv.3
1 5

パニック
サバイバーが負傷、ダウン、あるいはロケットチェアに拘束されている時、すべてのサバイバーの解読・治療・破壊速度が3%低下する。重ねがけ可能。
「悪化」Lv.1
1 5

狂犬

狂眼バルクは、制御台を使い上空かマップ全体を見ることができます。サバイバー必ず「足跡」という痕跡を残すので、狂犬で足跡が残りやすくなることで発見しやすくすることが可能です。

傲慢

ゲーム開始後しばらくの間一定時間存在感を獲得できる効果。
狂眼バルクは「オーバークロック」をどれだけ速く開放できるかが重要となるため、ぜひ装備しておきたい天賦です。

パニック

サバイバーが負傷、ダウン、ロケットチェアに拘束されているとサバイバーの解読・治療・破壊速度が低下する効果を持つ天賦。
壁を利用し遠距離からサバイバーにダメージを与えることができるので、狂眼バルクとは好相性です。

狂眼バルク(建築士)の対策(サバイバー目線)

遠隔攻撃に注意

狂眼バルクは、マップに点在する制御台を操作し、監視装置を使って遠距離から壁を生成し、サバイバーを攻撃&妨害することができます。

たとえ近くに居ないことがわかっている場合でも、油断は禁物。
解読中の暗号機の揺れを警戒範囲外から見られてしまい、壁で攻撃しながらハンターの近くに誘導されることもありえます。

どのハンターにもいえることですが、常に「見られているかもしれない」という意識をしつつ、周りを確認しながら暗号解読を行いましょう。

監視に見つかったら広い場所へ逃げる

狂眼バルクが監視装置を操作しているエリアへ入ってしまうと、サバイバー側の画面には黄色いアイコンが出現します。

もし、エリアに入るか監視装置で見つかった場合は、なるべく広い場所へ逃げましょう。

監視装置を操作されていると、障害物を利用し壁で囲まれてしまう可能性があるので、
障害物が少なく、囲まれにくい場所へ逃げるのがおすすめ。

また、監視装置を操作中の狂眼バルクは、壁で攻撃しようとすることが多いので、壁を当てられないように進行方向を頻繁に変えながら移動しましょう。

制御台のエネルギーを消費しておく

監視装置を操作するにはエネルギーを必要とします。
時間経過でエネルギーが溜まっていくため、暗号機の近くに制御台があるなら先に監視装置のエネルギーを消費しておきましょう。

制御台は特有の機械音を発しているので、音を頼りに見つけ出し、操作される前に対応しましょう。

壁を生成してエネルギーを消費

制御台を解除した後にエネルギーを消費するには、近くに壁を作成しなければなりません。

壁が長いほど消費量が多くなるので、ある程度の長さの壁を作ったら、短い壁を作成してエネルギーを使い切りましょう
また、壁を作成する際は自身の逃走経路を潰さないように注意が必要です。

終盤は暗号機周辺の監視装置を操作

暗号機が少なくなってくる終盤では、仲間の解読を邪魔されないように、暗号機周辺の監視装置を操作しておきましょう。

サバイバーが制御している間は、狂眼バルクによってそのエリアに壁を生成されないので、安全に解読を行なうことが可能です。

狂眼バルク(建築士)の推理システム

※現在未実装です

狂眼バルク(建築士)のキャラ紹介

キャラ名 バルク
解放条件 エコー×858or 手がかり×4508
使用アイテム
エウリュディケ荘園はバルクの実験場で、彼が地下にどれだけのトラップを仕掛けたのか、知り得る者はいない。

狂眼バルク(建築士)の衣装

衣装 初期衣装
獲得 初期
衣装 烈火の怒
獲得 S3・真髄2

おすすめ攻略記事

おすすめ攻略記事

おすすめサバイバー

おすすめハンター

キャンパーの対策方法

協力狩り攻略

マップ別立ち回りまとめ

データ連携のやり方

地下室とは?

チャット機能の使い方

用語集
関連記事まとめ

最新情報

システム情報まとめ

中国版情報まとめ

サバイバー攻略まとめ

サバイバー一覧

サバイバーおすすめ人格

ハンター攻略まとめ

ハンター一覧

ハンターおすすめ人格
©2018 NetEaseInc.All Rights Reserved
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属します。

コメント 28

読み込み中です

    アイデンティティV攻略情報

    キャラストーリー攻略

    システム解説

    サバイバー向け攻略

    ハンター向け攻略

    キャラクター情報

    サバイバー
    ハンター

    ゲームをもっと楽しむならBoom App Games

    Boom App Gamesでは「ゲームをもっと楽しむ」をテーマに、スマホゲームを中心に、あらゆるゲームのニュースと攻略情報を配信しています。
    新しいゲームと出会えるゲームレビュー、今プレイしているゲームがもっと楽しくなる攻略記事、新作ゲームの事前登録情報や配信スケジュールなど様々なコンテンツをお届け中。