【アイデンティティV第五人格】ロッカーに隠れるメリット

アイデンティティV第五人格(Identity V)ではマップ上にサバイバーが隠れることができるロッカーが存在します。この記事ではロッカーに隠れるメリットやデメリットについてまとめています。逃げる際にロッカーを使いたいときは、ぜひ参考にしてみてください。

目次
ロッカーの使い方
ロッカーに隠れるメリット
ロッカーに隠れるデメリット
ロッカーを使う時の注意点

ロッカーの使い方

サバイバーはマップ上に存在するロッカーの中に隠れることができ、ロッカーの中に入ると外からは見えなくなります。

サバイバーがロッカーの正面に立つと、ロッカーの前にアイコンが出現し、アイコンをタップすることでロッカーの中に隠れることができます。

ロッカーに入る際は「ロッカーに身を隠すモーション」が発生するので、入る瞬間をハンターに見られないように心がけましょう。

ロッカーに隠れるメリット

ハンターが見逃しやすい

ロッカーに入っている間は、サバイバーが中に入っているかどうか外見からは全く判断できず、ハンターが見逃しやすいです。

近くにハンターが接近したときに位置が特定されていなければ、ロッカーに隠れてやり過ごすのも、上手く立ち回る上でのポイントとなります。

ロッカーに隠れるデメリット

見つかると強制的にダウンする

サバイバーが隠れているロッカーをハンターに空けられてしまうと、隠れていたサバイバーは健康状態でも強制的にダウンします。ロッカーの近くにロケットチェアがあった場合はすぐに拘束されてしまうので、隠れるロッカーの位置にも注意しましょう。

ロッカーを使う時の注意点

ロッカーには一人しか入れない

ロッカーには一人しか入れず、他のサバイバーが入っているロッカーには入ることができません。

ハンターから追われており、隠れようと思ったロッカーに他のサバイバーが入っているというのは最悪なので、周りに他のサバイバーがいないかどうか確認してから隠れるようにしましょう。

負傷状態だと声でバレやすい

負傷状態のサバイバーがロッカーに入ると、健康状態よりロッカーから漏れる声が大きくなってしまいます。イヤホンやヘッドホンでしっかり音を聞いているプレイヤーにはすぐバレるので、なるべく健康状態で入るようにしましょう。

カラスがついていればバレてしまう

ロッカーに隠れていても、カラスには場所がバレてしまいます。カラスが集まってくると外からは丸わかりなので、ロッカーから出たほうが無難です。

足跡に注意!

サバイバーが走った後には赤い足跡が残りますが、ロッカー前の足跡をハンターに見つけられてしまうと致命的です。ロッカーに隠れる際は足跡には気をつけましょう
速報・最新情報 システム情報まとめ
サバイバー攻略まとめ ハンター攻略まとめ
サバイバー一覧 ハンター一覧
©2018 NetEaseInc.All Rights Reserved
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属します。

コメント

読み込み中です

    アイデンティティV攻略情報

    キャラストーリー攻略

    システム解説

    サバイバー向け攻略

    ハンター向け攻略

    キャラクター情報

    サバイバー
    ハンター

    ゲームをもっと楽しむならBoom App Games

    Boom App Gamesでは「ゲームをもっと楽しむ」をテーマに、スマホゲームを中心に、あらゆるゲームのニュースと攻略情報を配信しています。
    新しいゲームと出会えるゲームレビュー、今プレイしているゲームがもっと楽しくなる攻略記事、新作ゲームの事前登録情報や配信スケジュールなど様々なコンテンツをお届け中。